チーズの脂肪分は悪玉コレステロール値と関連しない!?

皆様はチーズ、お好きでしょうか。
ピザの上のとろとろのチーズ、はたまたワインと一緒につまむカマンベールやブリー、青カビチーズなど、とりあえずいろいろな場面で我々を魅了する(?)食材ですよね。

cheese_slice.png

とは言え、「チーズは飽和脂肪酸が多いから、摂りすぎに注意しましょう」ということで、チーズに手を出しにくい方もおられるのではないでしょうか。

そんな中、こんな論文を見つけました。

Razing F, et al.
High intake of regular-fat cheese compared with reduced-fat cheese does not affect LDL cholesterol or risk markers of the metabolic syndrome: a randomized controlled trial.
Am J Clin Nutr. 2016 Aug 24. pii: ajcn134932. [Epub ahead of print]
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27557654


タイトルは

「普通脂肪のチーズを多く摂取することは、低脂肪チーズと比べてLDLコレステロールやメタボリック症候群のリスクを悪化させない」

だそうですよ奥様!!

原文は読めていないのですが、抄録を簡単に紹介しますと・・

背景:普通脂肪チーズは飽和脂肪酸を多く含有する。このため、多くの国における食事摂取ガイドラインでは低脂肪チーズの摂取が推奨されている。しかし、普通脂肪チーズのネガティブな作用についてはまだ議論の余地がある。
目的:同じ量の普通脂肪チーズと低脂肪チーズ、そして同エネルギーの高炭水化物食における、LDLコレステロール値およびメタボリック症候群リスクへの影響を比較する。
方法:2週間の導入期間に続く、12週間のランダム化並行群間比較試験
被験者:メタボの危険因子を2個以上有する164名を3群に群分け
・普通脂肪チーズ群
・低脂肪チーズ群
・チーズなし、炭水化物食群

・・・ここまで読んで、自分だったらどこに振り分けられたいか考えてしまう私は被験者になれませんね・・

で、毎日の食事の一部を、チーズ群の方々はチーズ80g/10MJ、炭水化物食群の方々は10MJ相当のパンとジャムに、それぞれ置き換えたんだそうです。
結果:139名が試験を完遂。
LDLコレステロール:軍艦もとい群間に有意差なし。
HDLコレステロール;チーズ群の間では差がなかったが、普通脂肪チーズ群と炭水化物群とを比べるとチーズの方が高い傾向(P=0.07)
インスリン、血糖、中性脂肪、血圧、腹囲は、3群で有意差がなかった。

のだそうです。

ということで
結論:
12週間、普通脂肪チーズを結構食べてもLDLコレステロールやメタボのリスク因子には、他の群と異なるような変化はみられなかった。

cheese_camembert.png

ということですが、まあだからと言って、喜んで今夜チーズを大量食いするのはちょっと止めといたほうが>自分

どなたか原文を読める方、詳細な部分を教えていただけると嬉しいです。
ついでに、カッテージチーズの上手な使い方なども(違うか

ちなみにこの研究はコペンハーゲンで行われたようです。

この記事へのコメント

QRコード