休日に歯科へ

皆様こんにちは。久しぶりの更新です。
このところ公私ともにずっと忙しくて、というか雑然としていて、なかなか落ち着いてブログを書けず
(「ブログを書くには落ち着いていなければいけないのか」という問題はさておき)・・

でも、昨日、ちょっといろいろ乗り切って、とりあえず一段落(ということに)。
昨夜は「頑張ったね>自分」という気分で、一人で白ワイン🍸飲んだりしてたんですが、

今朝、延ばし延ばしにしていた歯の件、休日診療をして下さってた近所の歯科をついに受診。

「ちょっと削るくらいかな〜」とか思いながら朝イチで行ったのですが、

いろいろ検査の結果、

「神経抜きます」

!!!!

もうそこで、雨の休日♪気分から、ずどーんと墜落ですよ墜落。

「麻酔しまーす」

そのあとはもう何もわからず(=口腔内の一部に限る)。

ぎゅいーーーーーーん
ぎゅいーーーーん
しゅぱーーーー


「ちょっとぴりっとしますよーー」

ぐわああああああん
しゅーーー
しゅーーー


という感じで、無事本日の治療は終わったのでした。

非ステロイド系抗炎症薬と抗菌薬を処方されておしまいです・・・

・・・・・・

疲れました・・・・・

まあでも、懸案事項を実行に移した、ということで、今日も「頑張ったね>自分」ですよね

がんばります。
皆様も一日の終わりに、「今日も頑張ったね>自分」と唱えてみて下さいね。

そこで問題ですが、
「抜歯」「親知らず」は英語でなんというでしょう?

・・・・

抜歯:tooth extraction
でも、これはいわゆる歯科用語ですので、実際には

歯を抜く:to pull out a tooth とか to take out a tooth

になるようですが、注意しなければならないのは、この場合「歯を抜く」のは歯科医師であって話し手ではない!
ということです(汗)

「私さー、昨日歯を抜いてさー」をI pulled out my tooth yesterday. とか言うと、

いわゆる、歯に糸をつけて端をドアに結んで、そのままドアをばたんと開いて(以下略

になってしまうので、例えば

I had my tooth pulled out. とか
I had my wisdom tooth taken out.

というようになるみたいですね。

ちなみに、wisdom toothは親知らず。「知恵の歯」=知恵がつくくらいの頃に生えてくる歯、だそうです。
(wikipediaによる)
https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Wisdom_tooth&oldid=739727403

親知らずの生えている皆様、知恵、ついたかな?? どうかな???

この記事へのコメント

QRコード