バッグにふたは必要か? 続編

バッグにふたがないために、中身を見られて恥ずかしい。という他に困ることといえば…。中身がこぼれることでしょう。
荷物が重いときに電車の網棚に乗せることがありますが、急ブレーキなど電車が揺れた時にバッグが倒れたら、中身が出て大変なことになります。
私の友人の体験談ですが網棚に乗せていたバッグが倒れて、中に入っていた食べかけの「たけのこの●」がこぼれてしまい、下に座っていたサラリーマンの頭上にボロボロとチョコの山を降らせてしまったことがあるそうです。
やはり「バッグの口を閉じる」というのは重要ポイントでしょう。
次回はバッグは口はどう閉じるべきか…について書きたいと思います。(M☆)

この記事へのコメント

  • Mas

    M上先生、投稿ありがとうございます。
    トートバッグは出し入れしやすいのが魅力ですが、通勤に関して言えば私はファスナーで閉めたい派です。
    盗難防止、覗き見防止(?)(^-^;;)、あとこぼれ落ち防止のためですね。めんどくさい紐靴などを履くためにバッグを持ったままうつむいたら、バッグからモノがエクソダスorzということもしばしば・・
    網棚に載せるならバッグにフタ(カバー)は必須ですよね。
    しかし、その「下に座っていた方」がきのこ派だったら修羅場でしたね(違うか)。
    次の記事も楽しみにしています。
    2016年05月12日 23:39

QRコード